リゾゲイン

リゾゲインの効果がある人、ない人、その違いとは・・・

RHIZOGAIN(リゾゲイン)プレミアム育毛キット

↑リゾゲイン公式サイト↑


育毛ローションでエイジングケアを行い、育毛剤で発毛効果を促す
今までにはなかった新アプローチの育毛ケア商品「リゾゲイン」

これまでの育毛剤にはなかったアプローチで、発売以来ものすごい人気ですよね。
その特徴はなんといっても頭皮のエイジングケアに絶大な効果があるところ。

  • ローションで頭皮のエイジングケア
  • 育毛剤で発毛促進

というW効果でこれまでの育毛剤にはなかった効果を発揮しています。
既に使用している人からは、

「細くて今にも抜けそうだった髪にコシが出てきた!」
「産毛だった毛が太く元気になった!」
「地肌が透けかけていた部分が目立たなくなった!」

と、その評判も上々ですよね。

薄毛や抜け毛で悩んでいる人の中には、リゾゲインを使い始めようと
考えている人も多いことかと思います。


ですが、

先に言っておきます。


リゾゲインのローションと育毛剤をどれだけ毎日使い続けても、


・リゾゲインの効果がない

・リゾゲンが効かない


というのがいるのです。
正確に言うと、”効果がない”、”効かない”と言うより、

  • リゾゲインの効果が実感できない

といったほうがいいかもしれません。

・・・

リゾゲインは確かに優れた育毛ケア商品です。
これまでの育毛剤とは違ったアプローチで発毛を促す商品です。

健康な髪を育てるために絶対必要不可欠なのが髪を育てる土壌である頭皮の活性化。

痩せ細った土壌に元気な植物が育たないのと同じで、
老化により、ハリや潤いがなく、血流が悪い頭皮では健康な髪は育たないのです。

コシのある太く元気な髪を育てるにはその土壌である頭皮が健全でなくてはならないのです。

リゾゲインスカルプBSTは、老化によって活力を失った頭皮を活性化し、
髪が育つ最適な頭皮環境を構築してくれます。

さらに、

リゾゲインヘアエッセンスは、頭皮を保湿し、炎症を防ぎ、
頭皮の血行を促進して優れた発毛効果を促します。


髪が育つ最適な頭皮環境を構築 + 髪の発育を促進


これがローションと育毛剤がセットになったリゾゲインで得られる効果なのです。


ですが、


そんなリゾゲインをもってしても、効果がない人がいるのです。
リゾゲインを使い続けても効果が実感できない人がいるのです。


それが、


  • 重度のAGA(男性型脱毛症)の人
  • 男性ホルモンによる脱毛作用が強く働き過ぎている人

です。


髪の毛で悩んでいる人であればAGAという言葉はどこかで聞いたことがあると思います。
正式名称を、Androgenetic Alopecia、男性型脱毛症と呼ぶ脱毛症のことです。

AGAの原因は、男性ホルモンによるものです。

男性ホルモンのテストステロンという成分が、5αリアクターゼと呼ばれる酵素の働きによって
ジヒドロテストステロンという物質に変化します。

そして、このジヒドロテストステロンが毛根細胞内で、脱毛作用を働き、
髪の毛周期を狂わせ、脱毛を進行させていくのです。

≪業界裏を暴露!≫育毛剤リゾゲインの効果がある人、ない人



残念ですが、はっきり言って以下の人はリゾゲインは効きません

  • 男性ホルモンによる脱毛作用が強く働き過ぎている人
  • AGA(男性型脱毛症)が進行し過ぎてしまっている人

というより、リゾゲインの効果が実感できないのです。

なぜなら、

リゾゲインによる育毛、発毛効果、
それ以上に男性ホルモンによる脱毛作用が働いてしまっているからです。


確かに、


育毛剤リゾゲインには男性ホルモンによる脱毛作用を抑える効果があります。
独自配合されたR-12エキスには、

  • ジオウエキス
  • オウレンエキス
  • オウゴンエキス

という、5αリアクターゼ酵素の働きを抑制する成分が含まれています。
これらの成分が5αリアクターゼ酵素の働きを抑え、ジヒドロテストステロンの発生を抑える作用があります。

リゾゲインはAGA(男性型脱毛症)にも効果があるのです。

RHIZOGAIN(リゾゲイン)プレミアム育毛キット

↑リゾゲイン公式サイト↑




ですが、


育毛剤リゾゲインはあくまでも頭皮の外側から塗布するものです。
あくまでも頭皮につける育毛剤なのです。

男性ホルモンによる脱毛症であるAGAは、頭皮の内側で起きている問題


男性ホルモンのテストステロンは、血液に乗って毛根までやってきます。
そして、5αリアクターゼ酵素の働きによってジヒドロテストステロンに変化し、
毛根の内側から脱毛作用を引き起こすのです。

男性型脱毛症AGAは、頭皮の内側で起きている問題なのです。
いわば内分泌系の問題なのです。

内分泌系で起きているAGA、男性型脱毛症の症状を
頭皮の外から作用する育毛剤で完全に抑えることは困難なのです。

分かりますよね?

・・・

もちろん、軽いAGAの症状、男性ホルモンによる脱毛作用が
それほど強く働いていない人にはそれなりの効果はあります。


ですが、


リゾゲインが男性ホルモンの脱毛作用に対抗する力以上に、
AGA(男性型脱毛症)が進行してしまっている人には、その効果が実感できないのが正直なところなのです。

図で表すと以下のようになります。

見てお分かりのように、男性ホルモンによる脱毛作用があまりにも強く働きすぎてしまっている場合は、
その脱毛作用にリゾゲインの育毛効果、発毛効果が打ち消されてしまうのです。

リゾゲインの効果が期待できない

≪業界裏を暴露!≫育毛剤リゾゲインの効果がある人、ない人


リゾゲインの効果が期待できる

≪業界裏を暴露!≫育毛剤リゾゲインの効果がある人、ない人



  • AGAが進行し過ぎてしまっている人
  • 男性ホルモンによる脱毛作用があまりに強い人

こういう人は、リゾゲインを使用すると同時にAGAの専門クリニック
一度診療してもらったほうがいいのです。

お分かりでしょうか?


最後にまとめておきますと以下のようになります。


リゾゲインの効果を実感できない

  • AGAの進行があまりにも進んでしまっている
  • 男性ホルモンによる脱毛作用が強く働き過ぎている
(※初期のAGA、軽いAGAの症状であればリゾゲインで改善可能)


リゾゲインの効果がある

  • 頭皮の老化に伴う抜け毛、薄毛でお悩みの人
  • 頭皮の血行不良が抜け毛や薄毛の原因の人
  • 食生活が原因で髪のトラブルにお悩みの人
  • 軽いAGA(男性型脱毛症)の人

「RHIZOGAIN リゾゲイン」